チャンピックス使用時の口寂しさは代行パイポで

現在、禁煙外来で行われている禁煙治療の中心となっている薬がチャンピックスです。
チャンピックスの特徴として、それまで主流だったニコチン置換療法と違ってニコチンが含まれていないというものがあります。
ニコチンが含まれていないので、ニコチンによる副作用などの心配がないだけでなく禁煙の成功率も高いのが特徴です。
チャンピックスは飲み薬になっているので、非常に手軽に治療を行えるのですが、ニコチン置換療法はガムなどもあるので口寂しさを紛らわす事も可能です。
しかし、チャンピックスはその点に関しては対策がないので、ニコチンによる欲求ではなくタバコを吸ってしまうというケースも有るのです。
チャンピックスはタバコを美味しいと感じなくなる効果もあるので、仮に吸ってしまったとしても大丈夫ですが出来るだけ吸わないほうが良いのは当然です。
なので、チャンピックス使用時はタバコの代行品としてパイポなどを使用すると良いです。
元々パイポは禁煙補助グッズとしてタバコの代行品として昔から使用されていたものです。
もちろん、パイポにニコチンなどは含まれていないですし、普通のガムなどをタバコの代行品にしてしまうとカロリーや糖分を多く摂取してしまう事になるので、そういった事を気にする人には特にパイポを上手く活用するということは重要です。
しかし、禁煙というのはニコチン依存症からの脱却と同時に日々の生活習慣からタバコというものを消し去る必要もあります。
タバコの代わりにパイポで口寂しさを紛らわすのは良いですが、何かを口に咥えて吸うという習慣も徐々に改善しておくことが必要です。
チャンピックスと代行パイポの良いところを上手く合わせて行くことが大事です。