禁煙啓発チラシの作成やチャンピックスの処方で禁煙

たばこは健康を害しますので、喫煙が原因となって発症する病気の予防には禁煙が最も効果があります。
そのために各自治体では、禁煙を啓発するポスターやチラシを作成して様々な場所で配布しています。
禁煙啓発ポスターやチラシの配布場所としては、スーパーやコンビニなどがあって、無料で配布しているために様々な人が手に入れることができます。
特に日本では男性の喫煙率は減少している傾向にありますが、女性の喫煙率は増加しています。
自治体によっては、若い女性向けの禁煙啓発チラシを作製しているところもあり、妊娠中の女性の喫煙や受動喫煙の危険性などを呼びかけています。
国としての取り組みでは、禁煙指導から禁煙治療へと方針を転換して、喫煙はニコチン依存症の病気であるという認識を高めることで、医療機関に禁煙外来を設置して治療が受けられる体制が作られています。
禁煙外来で治療を受けることで、禁煙補助剤の処方が受けられるようになっており、日本で認可されているチャンピックスが使用されています。
条件を満たした医療機関で禁煙治療を受けることで、健康保険が適用されますので、チャンピックスを安い価格で購入することができます。
チャンピックスによる禁煙治療は12週間継続する必要がありますので、経済的な側面から考えても保険が適用されることで、治療が受けやすくなると言えます。
禁煙が難しい理由として、たばこに含まれているニコチンに中毒症状があらわれることが挙げられますが、チャンピックスにはニコチン受容体と結合する作用があるために、離脱症状を軽減する効果があります。
他の禁煙治療を比較したときに、チャンピックスを服用する治療法を行ったときには、5.7倍の禁煙成功率があると言われています。